同い年への恋愛アプローチ

同い年への恋愛アプローチが上手くいく、3つの必勝パターン

目安時間 8分
  • コピーしました

「同い年の彼女へのアプローチ法が知りたい・・・」

「同い年の恋愛アプローチはどうすればいいのかな・・・?」

 

なんてこと、ありませんか?正直、私も同じことで悩んでいました。

 

そんな私が実際に試して実践した、同い年の彼女への恋愛アプローチの方法を、今回はご紹介しますね。

 

この記事を最後まで読むと、同い年の彼女へのアプローチの方法や接し方が理解でき、いつでも彼女とラブラブでいられますよ!

 

同い年への恋愛アプローチは「一歩引く」ことが肝である!

経営者はもう少し、漁師の精神を学ばなければいけない。漁師は釣れなければ、狙う魚を変え、道具を変え、場所を変える。いつも同じところにじっとしていて、”魚がいない”と嘆いているだけではダメだ。

あなたはこんな釣りの格言をご存知ですか?

この格言が示すように、上手くいかなければ、常に正しい方法を試し、学び続けることは必須なのです。

 

ですので、同い年への恋愛アプローチが上手くいかないのなら、正しい恋愛アプローチを学ぶことは必須になるのです。

 

同い年への恋愛アプローチとして大切なことは、「常に一歩引くこと」です。

 

しかし、まずは同い年の恋愛の傾向を把握して、正しく「一歩引ける」ようになりましょう。

 

同い年の恋愛傾向と正しい恋愛アプローチ

同い年では女性の方が強くなる。

彼女が同い年の場合では、彼女は同い年のあなたに気をつかいません。

 

年上の男性に気を遣ったり、年下の男性に対して仕方ないな・・・と諦めるのとは違い、同い年のあなたに遠慮はしません。

 

ですので、同い年の彼女は年下の彼女や年上の彼女と違い、あなたに対して強気で接してくる傾向が強いのです。

むしろ、上から目線で振舞う女性も。

 

なぜこうなるかというと、女性は潜在的に「自分がしっかりしなくちゃいけない」という気持ちをもっているから。

 

一般的に、年齢が同じ男女の場合、精神年齢は女子の方が上になります。

 

ですので、同い年の彼氏の対して強気で接する同い年の彼女は多くなります。

 

お互いに譲れないところがあるため、喧嘩が多くなる。

彼女が何事も強くアピールしてくると、彼氏のあなたはどうしてもイライラするでしょう。

「男性である自分がリードしなくてはいけない!」と思っていても、彼女の方が強くては嫌になってしまいます。

 

ですので、意見の食い違いから喧嘩が多くなってきます。これは、同い年カップルの特徴のひとつです。

 

同い年の彼女の思い通りになるのは癪だから・・・と思っていると、彼女と譲歩できなくなります。

 

喧嘩はほどほどにして、少しでも彼女に譲歩するのが関係が長く続く秘訣です。

 

刺激が少なく、付き合っていてもつまらない

同い年の彼女と付き合っていると、価値観が似ていることが多いため、付き合っていても無難でつまらないと感じてしまいます。

 

例えば、年下の彼女の場合は、話がかみ合わないこともありますがその分刺激も多いです。

逆に同い年の彼女の場合は、会話がすれ違うことは少ない代わりに刺激が少ない付き合ってもつまらないと感じることがあるのです。

 

言い換えると、同い年の彼女は安定して穏やかなデートを楽しむことができます。

ただ、刺激が欲しい男性にとっては向きませんので注意が必要です。

 

同い年の恋愛が上手くいく3つの恋愛アプローチ

デートの代金は多めに出すことを心がける

彼女とのデートの際、デート代を多めに出すように心がけましょう。

そういった気づかいに対して、男性の包容力を感じて、女性はときめくものです。

 

そのため、同い年の男性に「同い年だから割り勘」という態度を取られると、やっぱり同年齢の男は子どもっぽいなと思われてしまいます。

 

ですので、同い年の彼女に対してデート代を多めに払う、というのは、覚えておいて損はありません。

 

相手をリードする意識を持つ

同い年だとしても、デートでは彼女をリードする姿勢を忘れてはいけません。何も考えてくれない人はリードしてくれない頼りない男性と映ってしまいます。

だから「私の方がしっかりしないといけない……」と感じて、彼氏に対しても強気になるのです。

 

同い年の彼女は気をつかわない間柄ではありますが、それでも女性は男性に引っ張ってくれることを望んでいます。

あなたも相手をリードする気持ちを持つと、彼女もあなたを尊敬してくれて仲良く過ごしていけるはずです。

 

彼女の意見に譲歩する姿勢を意識する

彼女が同い年の場合、最も大切なことが「相手に対して譲歩する気持ちを持つこと」です。

 

同い年の間柄では、彼女に対してリードしたいと思うのは当然のことです。だから、彼女に対して自分の意見を押し通そうとする気持ちは理解できます。

しかし、この姿勢が同い年の男性が子供っぽいと思われる理由です。

 

そのため、あなたが同い年の彼女と長く付き合っていきたいのであれば、彼女の要望に対して譲歩することを意識すると良いでしょう。

 

同い年の恋愛アプローチは常に一歩引く姿勢を!

同い年の恋愛アプローチの方法を紹介してみましたが、いかがでしたか?

 

この記事の内容をマスターすれば、同い年の彼女に悩ませられることはなくなるはずです。

 

大切なのは、「同い年の彼女の気持ちを理解して、常に一歩引いて考える」ことです。

 

これができれば、あなたは常に彼女とラブラブでいられますよ!

 

まずは、彼女の要望を素直に聞いてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

きっと、彼女があなたを見直してくれますよ!

 

編集後記

12月の愛知県でも続々と釣果が上がっています。

 

この時期でも、これほどの大物の釣果報告も!

 

ワラサ 62センチ

 

これは、釣行に向かうしかありませんね!

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

ゴウダ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
当サイトイチオシ教材

管理人プロフィール

管理人:恋愛マスター@ゴウダ

30歳にして、女性経験なし・女友達なし・資金なしの状態から一念発起し、恋愛のイロハをマスター。

わずか1年で運命の女性と出会い、いきなり結婚へと突き進む。

現在は、恋愛に関するアドバイザーとして活躍の場を広げている。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報